中原丈雄が「真田丸」高梨内記の役作りの苦労を語る

得んため東西南北wiki風

中原丈雄が「真田丸」高梨内記の役作りの苦労を語る

   


スポンサーリンク



大河ドラマ「真田丸」に高梨内記役で出演の中原丈雄さんがNHKラジオ「すっぴん」2015年12月31日放送にゲスト出演
役作りについて語りました
大河ドラマ「真田丸」高梨内記役中原丈雄役作りラジオ大河ドラマ「真田丸」高梨内記役中原丈雄ラジオのゲストに©NHKすっぴん

大河ドラマ「真田丸」高梨内記役を演じる苦労とは?中原丈雄

役作りについて語る中原丈雄さん
中原丈雄「役を頂いた時に、自分で傷をつけたり色んな物枝葉つけてつかみやすいようにする」
「傷っていうのはその人の人生」
と、自分なりに役を演じやすくするとコメント
中原丈雄さんは史実上の情報が少なく、参考にした資料の中に2回しか名前が出てこなかったという高梨内記については、
中原丈雄「今回の高梨内記も実際の実在の人物だけども、何も書かれてないから…」
「三谷さんの本で書かれてる以外のことを自分で作んなきゃいけない」
さらに、
中原丈雄「最初のつかみどころが難しいんですよね」
「1話2話ってのはもの凄い苦労しますよ」
「もう登校拒否になる」
序盤の役作りの苦労をにじませる発言
そんなな中で高梨内記役をつかむポイントもあったようです

中原丈雄「娘の『きり』との事で窓口が1つ開いたかなっていう」


スポンサーリンク



高梨内記の娘きり・生活する家のシーンが役作りに

普通は、どんな生活をしているかとうバックボーンを想像するそうですが
今回の高梨内記については
中原丈雄「自分(高梨内記)の家があるんですよ」
「そこに娘(きり)が帰ってくるとか」
「何が置いてあってとか」
「もっと大きい家かと思ったら意外と質素な家だった」
と、実際に娘きりとのシーン・高梨内記の住む家のシーンが役作りの助けになったようです
「親子の関係があったり」「生活のレベルというか、こういう生活をしてるんだという」
「そこで役が1つ掴みかけるという」
今後の高梨内記役については
中原丈雄「実年齢に近づいてくると」
「それだけ長く演じられるということですから」
大坂の陣まで信繁に仕えた高梨内記
「真田丸」の最初から最後まで出演するわけですね
中原丈雄「真田家の中で(高梨内記は)自分の立場をしっかりしたいという思いがありますよね」
「娘と同年代の信繁に嫁がせたい、子供ができればいいなという」
「娘を使うっていうんじゃないけど」
と高梨内記の人間臭い部分もあるそうです
また、中原丈雄さんは九度山にも実際行ったそうです
地元の人が人によって高梨内記に関する説を持っていて、逆にどういう人物かわからなくなったという話も披露していました


スポンサーリンク



引用元
2015年12月 | すっぴん!ブログ:NHK