「じゃっ、じゃっ」「じゃ、じゃ」:「西郷どん」に登場する方言(薩摩弁/鹿児島弁)の意味

得んため東西南北wiki風

 「じゃっ、じゃっ」「じゃ、じゃ」

      2017/11/14


スポンサーリンク



西郷隆盛について書かれた原作小説版の「西郷どん!」(せごどん)、大河ドラマ版「西郷どん」に登場する方言薩摩弁(鹿児島弁)の解説です。
あくまで作品の中での薩摩弁(鹿児島弁)で、現在は使われていないこともあります。

意味

「そうだ、そうだ」と同じ意味。
人の意見に対する同意。
「~である」が語源。
「じゃっど、じゃっど」も同じ意味だが、語尾の「ど」は強調の意味がるので、「じゃっ、じゃっ」の方が軽い同意として使われる。

小説版「西郷どん!」ネタバレにならない程度の使用例

小説版では、
樺山三円「我々がそのお志をないがしろにするようなことがあってはないもはん。」
西郷吉之助(西郷隆盛)「じゃ、じゃ。」
→「我々がそのお志をないがしろにするようなことがあってはありません。」
「そうだ、そうだ。」

大河ドラマ版「西郷どん」ネタバレにならない程度の使用例

未放送。

類似語・対義語・変形

「じゃっど」「じゃっどん」

他の方言で同じ言葉を使っているもの

熊本弁
などに同じ言葉があります。

50音順:方言解説(薩摩弁/鹿児島弁)
小説各話別:方言解説(薩摩弁/鹿児島弁)

西郷隆盛についての小説&大河ドラマ「西郷どん(!)」(せごどん)の方言、薩摩弁(鹿児島弁)解説でした。


スポンサーリンク