「ごわんそ」:「西郷どん」に登場する方言(薩摩弁/鹿児島弁)の意味

得んため東西南北wiki風

 「ごわんそ」

      2017/11/14


スポンサーリンク



西郷隆盛について書かれた原作小説版の「西郷どん!」(せごどん)、大河ドラマ版「西郷どん」に登場する方言薩摩弁(鹿児島弁)の解説です。
あくまで作品の中での薩摩弁(鹿児島弁)で、現在は使われていないこともあります。

意味

「ございます」「あります」と同じ意味。
同じ意味の「ごわす」をより敬語として使う場合に「ごわんそ」に変化させる。

小説版「西郷どん!」ネタバレにならない程度の使用例

小説版では、
吉之助「無になるということは、心が澄みきって赤児のようになるということでごわんそか」
→「無になるということは、心が澄みきって赤児のようになるということでございますか」

大河ドラマ版「西郷どん」ネタバレにならない程度の使用例

未放送。

類似語・対義語・変形

「ごわす」「~ごわんど」

他の方言で同じ言葉を使っているもの

50音順:方言解説(薩摩弁/鹿児島弁)
小説各話別:方言解説(薩摩弁/鹿児島弁)

西郷隆盛についての小説&大河ドラマ「西郷どん(!)」(せごどん)の方言、薩摩弁(鹿児島弁)解説でした。


スポンサーリンク