「真田丸」今週のウザカワきりちゃん「恋路」

得んため東西南北wiki風

「真田丸」今週のウザカワきりちゃん「恋路」

   


スポンサーリンク



大河ドラマ「真田丸」で長澤まさみさんが演じる、きりのエピソードを振り返り

今回は第19回「恋路」編

きり、源次郎(信繁)と茶々の密会に鉢合わせ

真田昌幸と豊臣秀吉を会わせる為に茶々に力を貸してもらった信繁
「何でも聞く」事が条件だったため、二人きりで蔵を見に行く事に
出て来た所を、間が悪くきりが登場
以前、茶々の前で源次郎(信繁)にダミー恋人に仕立てられたきり
本人は本気の恋人昇格と勘違いしているのか、上機嫌でお菓子持ってきたきり
それに嫉妬したのか、正体を隠すべき茶々がお菓子を横取り

後に、侍女の姿をした茶々と信繁が蔵に入るのを見たという噂が
実はきりが流した…?

茶々の秀吉側室の話に、きりが半笑い!?

信繁と茶々の密会を見て険しい顔のきり
きりが仕える寧のところに、茶々を口説く方法を聞きにくる節操のない秀吉
真田丸きり「恋路」0001「真田丸」半笑いきり
半笑いのきり
2人の様子に笑ったのか、それとも秀吉が茶々を側室にしようとしている事を喜んでいるのか…
なんか今回は、きり・茶々・寧と女の嫉妬が渦巻いてこわいw

源次郎(信繁)、きりの誘導尋問に引っかかる

加藤清正につけ狙わる信繁がきりの口利きで、豊臣秀次に味方になってもらう事に
源次郎(信繁)にも「落ち度があった」「隙があった」と言うきり
「ない」と否定し続ける源次郎(信繁)
きり「責めてる訳じゃありませんよ」「男なんだもん、私は仕方ないと思う」
「ま、少しは」と言う源次郎(信繁)に、きりの態度が急変
真田丸きり「恋路」0002「真田丸」巻き舌きり
「ほらぁほらぁ(巻き舌w)」「それを言ってるのよ!!」
源次郎(信繁)、ぐうの音も出ずw
この後、秀次・石田三成にも「隙があった」と言われ、最後には源次郎(信繁)「はい、そうです」「私に隙がございました」
いきりの発言を、秀次・三成にも言われては、源次郎(信繁)も降参するしかないですね

茶々の呪いをきりが阻止!?

茶々との密会が秀吉にバレたもののお咎め無しになり、茶々の側を離れることになった源次郎(信繁)
最後に茶々が源次郎(信繁)に送った山吹の押し花
きりは、源次郎(信繁)から奪い食べてしまう
真田丸きり「恋路」0003「真田丸」山吹の押し花ときり
ネットでは茶々が「同じ日に死ぬの」と予言したり、山吹は「花は咲いても実をつけない」ため、「実らない恋」を表すとか、山吹はその色から黄泉の国を表すなどなど、茶々の呪いだとザワつく
そして、その山吹をきりが食べることで呪いを断ち切った意味があるのではないかと話題になっています

三谷作品に出てくるダメな人って物語の終盤に向けて、いい面を出したり成長したりするものですが
きりの場合はキャラをあえてブレずにいさせてますね
それが大阪という怖い登場人物ばかりが出てきて、源次郎(信繁)を圧倒している空間で視聴者の癒やしになったりしているようです
ここから更に三谷さんがきりの評価を変えていくのか楽しみデスね