真田丸片桐且元役の小林隆の中間管理職っぷりがハマり過ぎ

得んため東西南北wiki風

真田丸片桐且元役の小林隆の中間管理職っぷりがハマり過ぎ

   


スポンサーリンク



真田丸」で、豊臣家の家臣片桐且元役を演じる”日本一の板挟み男”小林隆さん
その中間管理職っぽさがハマっていました
真田丸片桐且元役の小林隆の中間管理職っぷりがハマり過ぎ「真田丸」片桐且元役小林隆

何かと板挟みの片桐且元、演じるは日本一の中間管理職俳優!?小林隆

2016年5月1日放送の「真田丸」第17回『再会』
片桐且元は豊臣家の名代として徳川家康の元へ
真田討伐の許可を秀吉が出した旨を伝える役目

しかし、秀吉は一度出した真田討伐の許可を取り消す事で、家康を上洛させて自分に臣従を誓わせる狙いが
片桐且元は芝居が下手が出来ないとみた秀吉は、片桐且元には実際の狙いを伝えず
討伐取り消しの書状が来たことで、片桐且元は家康に怒鳴られる事に
胃が痛そうな仕草を見せる、片桐且元役の小林隆さんの演技がまさに中間管理職
賤ヶ岳での七本槍の1人に数えられる武勇がありながら、秀吉からは嫌な役を押し付けられ、自分より身分が低い平野長泰からは陰口を叩かれ「抜け作」とアダ名で呼ばれる
中間管理職にありがちな嫌な立場

振り返ってみると、石田三成から秀吉とは会えないと言われていた信繁に、秀吉が会うと伝えに来たのも片桐且元
真田丸では描かれていませんが、秀吉と三成の板挟みになる片桐且元というシーンを想像すると面白いですね
そういう悲哀が小林隆さんはやはり似合うと思えます

「真田丸」の追加キャスト会見後のブログでの小林隆さん

小林隆「片桐且元 とても素敵な役をいただいた」
「とても胃の痛くなりそうな役とも言える」

歴史好きの小林隆さんがブログで書いているように、片桐且元は秀吉の死後も豊臣と徳川の橋渡しをした人物で、確かに胃が痛くなるような役と言えますw
小林隆さんは適役と言えるかも
今後の「真田丸」で重要なキーマンの1人で注目です