進撃にエンジェルハート小説マンガの実写化

キャストプロフィール主題歌得んため東西南北

*

進撃にエンジェルハート小説マンガの実写化

      2015/08/14

当ブログでも記事にした、西尾維新原作の小説「掟上今日子の備忘録」のドラマ化
(該当記事はこちら↓)
ガッキー(新垣結衣)ドラマ西尾維新「掟上今日子の備忘録」主演 共演者は?
更に、北条司さん原作マンガ「エンジェルハート」ドラマ化
ここ数日で、小説・マンガのドラマ化の話題が続きましたし、「デスノート」「ど根性ガエル」「探偵の探偵」のドラマも何かと話題を呼んでいるようです

最近、マンガ・アニメの実写化多くない?

小説のドラマ化っていうのは昔からですが、マンガ・アニメの実写化は最近特に多い傾向にありますね
よく言われることですが、CGなどの映像技術の発達が大きいのでしょうね
「実写化不可能と言われた作品を実写化!」なんて宣伝文句は非常によく聞きますね
映像技術の進歩で、今人気のマンガ・アニメ作品・昔のマンガ・アニメの名作を実写化する事が出来る
話題になるのは間違いなしということで、ドラマ・映画制作サイドとしては楽なんですかね
しかし、マンガ・アニメはもちろん小説にしても、原作を目にしているファンとしては黙っていられない事が多すぎるのですよ

スポンサーリンク



イメージの合わないゴリ押しキャスティング・似せる気の無いヴィジュアル

キャスティング発表の段階で実写化作品が批判を浴びるのはよくある話ですよね
もはやジャニーズトップアイドルの登竜門的な作品「金田一少年の事件簿」なんて、どんどん主人公のイメージが原作から離れてる気がします
初代の堂本剛はイメージが合うと人気が高いですけど、二代目松本潤・三代目亀梨和也は完全にミスキャストだと思いますけどね
キャラクターも二代目松本潤はクールな金田一一
三代目亀梨和也は祖父の名探偵金田一耕介のコンプレックスに悩むキャラといった感じ
「ビブリア古書堂の事件手帖」のドラマ化もなかなかのもんでしたね
あくまでヴィジュアル面の話ですけど、ロングヘアでメガネの主人公栞子を演じたのは剛力彩芽
しかし、この頃自身のトレードマークとしてショートカットが既に認知されていた為か、ロングヘアでもメガネでもないというヴィジュアル
そんなに作品のイメージより自分のイメージが大事ですかね
「掟上今日子の備忘録」で主人公の白髪・メガネ・ショートカットの再現を明言しているガッキー(新垣結衣)を見習ってほしいですね
更に、もう一人の主人公とも言える大輔を演じるAKIRAは逆に、原作ではかけていないメガネを何故か着用
吉河美希原作の「山田くんと7人の魔女」
こちらは、原作のマンガの登場人物の髪の色が黒髪・金髪意外にも、青・シルバー・紫などかなりカラフルでしたがドラマでは黒髪・金髪に統一されています
しかし、青とかシルバーのキャラはともかくとして、ヒロインで金髪の白石うららを西内まりあが黒髪で演じ、登場人物の一人で黒髪ショートの伊藤 雅をトリンドル玲奈が金髪ロングで演じるのはいかがなものか
ウイッグとかもつける気ないっていうのはどうなんでしょ?
この作品は他にも髪型などで原作と変更した登場人物は多いですね

小説・マンガ・アニメ原作とストーリー・設定を変えてチープに

原作とストーリー・設定を変えるドラマ・映画も多いですよね
現在、放送されてる「デスノート」は登場人物の設定を大きくいじって批判の的になってますよね
当ブログでも書きました↓
デスノートドラマ、漫画・映画との違い・ミスキャスト・展開予想
変更した設定やストーリーというのが、チープになることが多いですね
原作ファン以外の視聴者にはその方がうけると本気で考えているんでしょうか?
ちょっと視聴者をなめていると思うんですが
劇場版・実写「進撃の巨人」の予告映像でミカサ(水原希子)のキスシーンがあったのも話題になりました
原作のミカサのキャラを考えるとあり得ない演出ですが、それがうけると思っちゃうんでしょうね
「 掟上今日子の備忘録」「エンジェルハート」も変ないじりかたしないといいですけどね

スポンサーリンク




↓こちらのツイッターアカウントで更新情報ツイートしてます